背中ニキビ跡はできやすい体質とそうでない体質とに分かれる

背中ニキビ

背中ニキビ跡に悩む人は多いですが、その反面まったく背中ニキビ跡に悩んだことがないという人も多いと思います。
背中ニキビ跡ができてしまうことには原因があり、その原因ができやすい体質につながっているといえます。

 

ここでは、背中ニキビ跡ができやすいタイプをご紹介した上で、その原因と対策についてまとめてみました。
これらの原因に当てはまる人は、原因を取り除くことで背中ニキビ跡ができにくい体質になるかもしれません

 

ホルモンバランスによる背中ニキビ跡

背中ニキビ

ホルモンバランスの乱れは、多くの女性に起こるといわれています。
背中ニキビ跡以外にもいろいろな体の不調を招きます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、古い角質を肌から排出して新しい肌に生まれ変わる機能、「ターンオーバー」が乱れてしまうからです。
ターンオーバーが乱れると、古い角質や老廃物がいつまでも肌に残ってしまいます。

 

それが雑菌と共に繁殖して背中ニキビの原因となります。
背中ニキビが治ったあとも、ターンオーバーの乱れによって肌が生まれ変わることができないため、背中ニキビ跡としていつまでも残ってしまうのです。

バランスの取れた食事や規則正しい生活でホルモンバランスを整えよう

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、ストレスを溜めないことや正しい食生活、良質な睡眠をとることなどが重要になります。
ストレスは、ホルモンバランスの乱れ同様体にいろいろな不調を引き起こします。

 

現代社会において、まったくストレスを受けずに生活するということはなかなか難しいと思われます。
しかし上手にストレスを解消する方法を身につけることで、ストレスが溜まりにくくなり、ホルモンバランスも整った状態を維持することができます。

 

また食事においても、添加物の多く含まれたジャンクフードばかり食べていると、ホルモンバランスの乱れにつながります。
疲れが溜まっていたり、睡眠不足もホルモンバランスが乱れてしまう原因です。

 

バランスの取れた食事や規則正しい生活は、健康な体を維持し、ホルモンバランスを整える効果もありますので日頃から意識しましょう。

毛穴のつまりによる背中ニキビ跡

背中ニキビ

毛穴が詰まっていると、老廃物や雑菌が毛穴に入ったままになって、炎症が悪化してしまいます。
また、背中ニキビが治っても、毛穴の中に老廃物が詰まったままの状態なので、背中ニキビ跡として残りやすくなります。

 

毛穴の詰まりについても、ターンオーバーの乱れが原因となっていることが多いです。
ホルモンバランスを整える方法と同じように、ストレスや生活リズム、食生活に気をつけることは効果的な方法となります。

 

さらに効果的な方法としては、美容皮膚科などでケミカルピーリングをすることです。
肌表面の古い角質を剥がすことで、毛穴の詰まりが改善されたり、ターンオーバーの乱れが整い、毛穴から老廃物が排出されやすくなります。

 

毛穴が詰まっていると、新たな背中ニキビの原因となってしまいます。
背中ニキビの症状自体は改善していてもざらつきのある肌になってしまいます。

 

美容皮膚科でのケミカルピーリングは、肌の生まれ変わりを促す効果が期待できます。
しかし施術後の肌がかなり敏感になっていますので、紫外線を浴びたり刺激を与えることがないようやさしくケアをしてあげるのがポイントです。

皮脂の分泌が多いことによる背中ニキビ跡

背中ニキビ

背中ニキビは、肌や毛穴に詰まっている皮脂とアクネ菌が反応し、炎症を引き起こすことによって発生する場合が多いです。
ニキビと皮脂の関係は皆さんご存知の通りで、皮脂の分泌量が多い人はやはりニキビができやすいです。

 

ニキビができやすいので、治っても次から次へと新しいニキビができてしまいます。
常にニキビができてしまっている状態になり、肌の細胞が正常な状態でなくなって背中ニキビ跡になってしまいます。

 

皮脂の分泌が多い人は、できるだけ肌に余分な皮脂が残らないように日頃からお手入れをすることが大切です。
お風呂ではやさしく石鹸で洗ったり、余分な皮脂を適度に抑えるボディケアアイテムを使用するなど意識して皮脂を抑えてみましょう。

 

特に背中は皮脂の分泌が多い部分で、かつ手が届きにくいため洗いづらい場所でもあります。
ニキビ肌用の化粧水を背中に使用したり、拭き取り化粧水で皮脂を拭き取るなど、ちょっとしたケアを取り入れるのもよいでしょう。

皮脂の分泌が多くても洗いすぎは厳禁

ここで注意したいのが、洗いすぎないという点です。
皮脂の分泌が多いとついさっぱりするまで洗ってしまいます。

 

しかしあまり皮脂を落としてしまうと、肌が「皮脂が足りていないのでもっともっと分泌しなければ」とさらに皮脂の分泌が増えてしまいます。
洗う際には汚れだけ落とし、肌に必要な油分を残しておくような感覚で洗うと、皮脂の分泌量が増えることはありません。

 

また、日頃の食事で油分の多いものをできるだけ避けるということも大切です。
肉食に偏りがちな人は、できるだけ魚を食べたり、野菜も十分摂るように意識してください。

 

肉を食べたら、その倍量の野菜を食べるのが理想だといわれています。
なかなか難しいですが、野菜不足の自覚がある人はできるだけ日頃の食事に野菜を取りいれ、脂質の高い食事を控えるよう心がけましょう。

 

外食が多い人は、どうしても食品添加物の多いメニューに偏りがちですし、野菜も不足してしまいます。
できる範囲でかまわないので、自炊を心がけてみると、自然とヘルシーな食事を摂るようになります

代謝が悪いためにできてしまう背中ニキビ跡

背中ニキビ

代謝が悪いと、肌が生まれ変わるためのターンオーバーが乱れてしまいます。
すると体の老廃物が排出されにくいため、老廃物と雑菌が炎症を起こして、背中ニキビになることもあります

 

さらに代謝が悪いので、できてしまったニキビが治りにくくなります。
治ってもきれいな肌に生まれ変わるための機能が低いため、背中ニキビ跡として残ってしまうのです。

 

体の代謝を高めるためにはいろいろな方法でのアプローチが必要です。
まずは、肌の代謝を高めるために美容皮膚科でケミカルピーリングやレーザー治療などを行うのもひとつの方法。

 

これは体全体というよりも、肌の代謝を高める効果が期待できます。
次に、できるだけお風呂に入る際は毎日湯船に浸かり、体を温めてめぐりをよくすることも効果的です。

 

体が温まって血行がよくなれば、代謝機能が高くなります。
また汗をかくことで毛穴から老廃物が排出されやすくなり、肌の代謝アップや背中ニキビ跡の改善につながります。

代謝機能を上げて背中ニキビ跡を早く治そう

適度な運動をして体の循環をよくするというのも代謝アップに高い効果が期待できます。
代謝アップはダイエットでもよく聞かれる言葉です。

 

代謝を高めて脂肪を分解することはもちろんですが、肌の代謝を高めることにも高い効果を発揮します。
ミネラルウォーターをたっぷり飲むというのも有効です。

 

水をしっかり飲むと、尿として排出されるまでに体内の機能がたくさん働きます。
やはりめぐりがよくなり、代謝アップ効果が期待できます。

 

水を飲んで尿がたくさん出れば、老廃物も一緒に排出されやすくなります。
背中ニキビ跡の改善にもつながり、一石二鳥です

 

▼見せる背中にしたいなら♪背中ニキビ専用ジッテプラス▼

ジッテプラス

>>ジッテプラスの詳細はコチラから確認できます!<<

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

背中ニキビ

背中ニキビ跡に悩む人は多いですが、その反面まったく背中ニキビ跡に悩んだことがないという人も多いと思います。背中ニキビ跡ができてしまうことには原因があり、その原因ができやすい体質につながっているといえます。ここでは、背中ニキビ跡ができやすいタイプをご紹介した上で、その原因と対策についてまとめてみました...

背中ニキビ

背中ニキビ跡で悩んでいる人は、自分なりにいろいろなケアを試しているのに、効果が表れないと感じているケースがとても多いです。背中ニキビ跡が治らない原因は、ケア方法が合っていない場合もあります。さらにその人の生活習慣も大きく関係しています。背中ニキビ跡ができにくい人は、体質もありますが、できにくい生活習...