背中ニキビ跡を綺麗にする方法|コスメやサプリメントを活用しよう!

自分で背中ニキビ跡を綺麗にする方法にはどんなものがある?

背中ニキビ

背中ニキビ跡は、できればセルフケアで綺麗にしたいと考えている人は多いようです。
美容皮膚科などで治療をすれば、セルフケアよりも高い効果が期待できます。

 

とはいえ、やはり予算や時間の都合などから定期的に通うことが難しいという人も多いでしょう。
自宅でできる背中ニキビ跡ケアについては、まずは以下のようなものが挙げられます。

  • 正しい洗い方で背中を清潔にしておくこと
  • ピーリングジェルで古い角質を落とすこと
  • 背中にクリームやジェルなどを塗って保湿すること

清潔に保つのはもちろんですが、ピーリングジェルを時々使い、古い角質を摂ることで、肌のターンオーバーを整えます。
ピーリングはあまり頻繁にするのも刺激になり良くありませんので、週に1回程度で良いでしょう。

 

さらにクリームやジェルなどで保湿をすることで肌の保護になります。
背中ニキビ跡をより綺麗にするためには、背中ニキビ跡に特化したコスメを使用するのがおすすめです

コスメは背中ニキビ跡に特化したものを選び、代謝を高めるなど体の中からもケアしましょう

いろいろなメーカーから背中ニキビ跡対策コスメが販売されています。
自分の背中ニキビ跡の原因と合ったものを選んで試してみましょう。

 

あとは、体の中からのアプローチも重要です。
体の代謝を高めることは肌のターンオーバーを整えることにも繋がりますし、栄養をしっかり摂れば肌の状態を向上させることができます

  • 適度な運動
  • 栄養バランスの取れた食生活
  • アルコールやカフェイン、たばこを控える

上記を心がけ、背中ニキビ跡の改善を目指しましょう。

原因に合った成分が配合されたものを選ぶ

背中ニキビ

背中ニキビ跡を綺麗にするためのコスメは、背中ニキビ跡を改善する効果が期待できる成分がたくさん配合されています。
背中ニキビ跡ができてしまった原因に合わせたものを選ぶことで、背中ニキビ跡の改善につながります。

 

ここでは、背中ニキビ跡を綺麗にする効果のある成分をいくつかご紹介していきましょう。

抗炎症作用が期待できる成分

ニキビは、毛穴にアクネ菌が繁殖し、雑菌などに反応して炎症を起こすことによって発生します。
こうした炎症を防ぐ効果のある成分は、背中ニキビの悪化を防ぎ、背中ニキビ跡をできにくくしてくれます。

 

抗炎症作用のある成分としては、以下のようなものが代表的です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンE(トコフェロールなど)

グリチルリチン酸ジカリウム

昔から漢方薬の原料として用いられている成分で甘草という植物の根っこに含まれています。
口内炎や喉の炎症を抑える効果があることから、ニキビの炎症にも効果が期待できるとされ、ニキビケアコスメに配合されていることが多いです。
グリチルリチン酸ジカリウムは、赤みのある背中ニキビ跡に高い効果が期待できるといわれています。

ビタミンC

ニキビを始め肌のトラブルを改善するために幅広い役割を果たしてくれます。
ビタミンC誘導体は、よりビタミンCを肌の奥に浸透させることができるように作られたもので、多くのコスメに配合されています。

 

細胞の再生にビタミンCは欠かせない成分です。
背中ニキビ跡の改善にも力を発揮してくれるはずです。

ビタミンE

抗酸化作用の高い成分とされ、活性酸素の攻撃から体を守ってくれます。
活性酸素が大量に発生してしまうと、細胞が老化してしまうので、肌が生まれ変わる機能が低下してしまいます。
ビタミンEは肌の老化を食い止めてくれるので、背中ニキビ跡の改善にも高い効果が期待できます。

背中ニキビ跡に効果的な様々な成分

背中ニキビ

ピーリング成分

サリチル酸などのピーリング効果がある成分は、古い角質を剥がして、肌が生まれ変わる機能を助けてくれます。
肌の代謝が悪く、背中ニキビ跡が残ってしまっている人は、こうしたピーリング成分が配合されたコスメを使用することで、きれいな肌が作られやすくなると思います。

美白成分

ビタミンCは体の代謝を促す働きがあり、新しい肌が作られる手助けをしてくれます。
紫外線などによってメラニンができてしまった肌を生まれ変わらせて、新しい肌をつくることで、メラニンが大概に排出されて美白効果につながるというわけです。
黒ずみなどの色素沈着を起こしている背中ニキビ跡におすすめの成分です。

保湿成分

ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分は、水分を保持する働きがあります。
背中は油分の多い部分でありますが、実は意外と水分が不足している部分です。

 

ですから水分補給がとても重要です。
油分と水分のバランスが取れていると、肌のターンオーバーが整いやすいと言われています。

殺菌成分

イソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分は、アクネ菌が雑菌と混ざって炎症を起こしてしまうのを防いでくれます。
毛穴に雑菌が詰まっていると、炎症を起こしやすくなります。
肌に安心して使用できる殺菌成分が配合されているコスメは、背中ニキビ跡の予防と改善に効果的です。

背中ニキビ跡のケアコスメはジェルがおすすめ

背中ニキビ

背中ニキビ跡の改善を目的としたコスメにはいろいろなものがあります。
背中の油分はしっかりあって、水分が足りていないという人にはジェルタイプのコスメがおすすめです。

 

ジェルはしっかり水分を補給することができ、かつ余分な油分は与えません
油分がたりている人は、油分と水分のバランスが取りやすいのです。

 

背中ニキビ跡に特化したジェルタイプのコスメのひとつに「ジッテプラス」という商品があります。
この商品は、背中の油分と水分のバランスを理想的な割合で整えてくれます。

 

健康な肌を作り上げることで、背中ニキビ跡の改善を促すジェルです。
ジェルだけれど肌の奥深くまで浸透するので、しっかりうるおいを感じられます。

 

若々しい肌を作るために欠かせないプラセンタエキスや、水分を保持するコラーゲンやヒアルロン酸など、魅力的な成分がたっぷり含まれています。
継続して使用する場合は、類似商品と比較してもかなりお得に購入できるのも魅力です

 

▼見せる背中にしたいなら♪背中ニキビ専用ジッテプラス▼

ジッテプラス

>>ジッテプラスの詳細はコチラから確認できます!<<

 

油分不足による背中ニキビ跡にはクリームタイプを

背中は油分が分泌されやすい部分ですが、中には油分が不足していることから起こる「乾燥ニキビ」もあります。
こうした油分不足による背中ニキビ跡には、クリームタイプがおすすめです。

 

クリームタイプはジェルと比較すると油分をしっかり補うことができます。
ニキビを予防するにはまず保湿が大切だと言われています。

 

しかしせっかく水分を与えていても、油分が足りないと水分を保持することができないので、油分があまりに不足しているのは問題です。
カサついた背中だと感じている人は、クリームタイプを使ってみましょう

水分補給には化粧水がマスト!スプレータイプが便利

背中ニキビ

ジェルタイプやクリームタイプのコスメを使用する前に、化粧水で水分を補給すると、さらに効率的に背中ニキビ跡の改善を狙えます
背中は自分で見えにくい部分ですし、顔に使うような手に取るタイプの化粧水だと背中に塗りにくいので、背中にはスプレータイプの化粧水が便利です。

 

スプレータイプの化粧水はいろいろなところで販売されています。
しかしスプレータイプのものでなくてもスプレー容器に移し替えて使用してもよいと思います。

 

スプレータイプの化粧水でしっかり背中に水分を与えてから、ジェルやクリームでフタをすると、より油分と水分のバランスが取れた肌を作ることができます

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

【背中ニキビ跡を綺麗にする方法】関連記事

背中ニキビ

背中ニキビ跡のケアに勤しんでいる女性は多いと思います。しかしなかなか思うように改善せずに悩んでいるというケースは少なくありません。背中ニキビ跡は、状態によってセルフケアでは治りにくいものがあります。そのような背中ニキビ跡を綺麗にする方法としては、皮膚科やエステなど、専門家の力を借りるというものがあり...