結婚式までに背中ニキビ跡を治して思い出に残るウエディングを

 

結婚式で着用するウエディングドレスは、背中が大きく開いているデザインのものが多いです。
背中ニキビ跡に悩んでいる人は、結婚式までになんとか背中ニキビ跡を治したいと考えていると思います。

 

けれど、背中ニキビ跡はなかなか治りづらいのも確かです。
背中ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

 

背中ニキビ跡の種類に合わせたケアを行うことで比較的早く治すことができます。
セルフケアで治らない場合は、皮膚科やエステなどで治療、ケアをすることで背中ニキビ跡を改善することが期待できます

 

ただ、結婚式という期日があり、それまでに背中ニキビ跡を完全に治すのは難しい場合もあります。
その場合はボディ用ののファンデーションなどで上手に隠すという方法もあります。

 

背中ニキビ跡には種類がある

赤みをもった背中ニキビ跡


赤みのある背中ニキビ跡は、ニキビができたところがうっ血してしまっているために赤くなっています。
背中ニキビ跡の種類の中でも、比較的症状が軽いタイプです。

 

しっかり正しいケアをすることで改善できる可能性が高いです。
赤みのある背中ニキビ跡は、肌の再生を行うための「ターンオーバー」のサイクルが乱れていることが考えられます。

 

ターンオーバーを整えるケアをするのが効果的です

 

色素沈着して黒ずんでいる背中ニキビ跡

黒ずんだ色素沈着を起こしている背中ニキビ跡も、ターンオーバーの乱れが原因のケースが多いです。
赤ニキビができているときに、日焼けや摩擦などの刺激を受け色素沈着を起こし、背中ニキビ跡として残ってしまいます。

 

基本的に、肌のトラブルはターンオーバーの乱れを整えることで改善できる可能性が高いです。
色素沈着の背中ニキビ跡においてもターンオーバーの乱れを整える効果のあるアイテムを使用することが重要になります。

 

それと並行して体の内側から新陳代謝を高めたり、メラニンの生成を抑えて美白効果を得るためのケアをすることも大切です。
ビタミンCのサプリメントを摂取したり、使用するコスメにおいては美白効果の高いものを選びましょう。

 

美白効果があるアイテムを使うことで効率よく色素沈着を起こした背中ニキビ跡を改善することができるでしょう。

 

クレーターのように凹凸ができてしまっている背中ニキビ跡

もっとも治りにくいといわれているのが、クレーターのように凹凸ができてしまっている背中ニキビ跡です。
ニキビができている段階で正しいケアを行わなかったために、皮膚の奥の組織が破壊されてしまったことによって起こります。

 

クレータータイプの背中ニキビ跡は、セルフケアでは改善することが難しいと言われています。
美容皮膚科などでケミカルピーリングなどの処置を行ってもらうことがよいといわれています

 

皮膚科でできる背中ニキビ跡の治療

レーザー治療

特殊なレーザーを背中ニキビ跡ができている部分に当てることで、メラニンに反応して肌からメラニンが剥がれやすい状態にします。
さらに肌の奥にあるコラーゲンの生成機能を促す効果が期待できます。

 

コラーゲンがしっかり生成されることで肌の細胞が生まれ変わり、ニキビ跡が改善するケースも多いです。
レーザーの光を照射したときに、軽いやけどのような痛みを感じたり、施術後に肌が赤みを帯び、かさぶたのような状態になることがあります。

 

そのため、レーザーでケアをする場合は最低でも結婚式の1ヶ月以上前、できれば3ヶ月前くらいに行うのが理想です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、特殊な酸性の薬剤を背中ニキビ跡に塗布し、塗った部分の古い角質を除去して、肌のターンオーバーを整える処置です。
肌の再生を妨げている物質を剥がすので、新しい皮膚が再生されやすくなり、きれいな肌に生まれ変わることを助けてくれます

 

ただし、施術後はかなり肌が敏感な状態になっていますので、しっかりケアを行わなければなりません。
また、肌の状態がもとに戻るまで時間がかかります。

 

ケミカルピーリングにおいてもかなり早い段階での施術が必要で、遅くとも結婚式の1ヶ月前までには行うようにしてください。

エステでできる背中ニキビ跡のお手入れ

ブライダルエステ

エステサロンでは、結婚式にむけてきれいになるために、「ブライダルエステ」のコースを用意しているところがたくさんあります。
ブライダルエステでは、フェイシャルやボディ全般など、お手入れする箇所を選べるようにさまざまなコースが用意されています。

 

その中でも背中のお手入れが含まれているコースを選ぶのがおすすめです。
エステサロンでのケアは、皮膚科の治療とは違って即効性のあるものではありません。

 

そのためクレータータイプの背中ニキビ跡には顕著な効果が期待できない可能性があります。
赤みのある背中ニキビ跡や、色素沈着を起こした背中ニキビ跡のケアに取り入れてみるとよいでしょう。

 

よりしっかりお手入れしたいという人は、結婚式の3ヶ月前くらいから施術を開始するコースがあります。
そのようなじっくりお手入れしてもらえるコースを選ぶのがおすすめです

 

ボディの美白コース

エステサロンの美白コースは、フェイシャルを対象に展開しているものが多いですが、ボディの美白ケアをしてくれるコースもあります。
色素沈着を起こしている背中ニキビ跡はこうした美白コースで改善される可能性があります。

 

こちらも、皮膚科での治療とは異なり即効性は期待できません。
出来るだけ早いうちからお手入れを開始するのがベストです。

 

結婚式の3ヶ月くらい前から定期的なお手入れを受けることで、肌色が明るくなり、背中ニキビ跡が目立たなくなってくると思います。
美白効果はもちろん、しっかりお手入れすることで肌のターンオーバーが整い、健康な肌になる効果も期待できます

 

背中ニキビ跡がどうしても治らないときは

背中の開いていないドレスを選ぶ

背中ニキビ跡がどうしても治らないときのことを考えて、背中の露出が目立たないウエディングドレスを選ぶというのもひとつの方法です。
ウエディングドレスは本当にたくさんの種類があります。

 

背中があまり開いていなくても素敵なデザインのものが見つかるでしょう
胸から下は通常のドレスの生地で、背中や肩、デコルテなどがレースやシフォンで仕立てられているデザインもおすすめです。

 

背中全体を覆い隠していないのでスッキリ見える上に、レースやシフォンがあるので背中ニキビ跡が目立ちません。
背中が空いているドレスが着たい場合でも、頭につけるヴェールは長めを選ぶと背中は直接見えないので安心感があります

 

ファンデーションで背中ニキビ跡を隠す

気に入ったデザインのドレスが、背中の露出が高いものだった場合は、ファンデーションなどで背中ニキビ跡を隠してしまうという方法もあります。
メイク用のファンデーションで隠す人もいますが、ボディ用のドーランだとよりカバー力が期待できます

 

ウエディングドレスを選ぶ際にお店の人に相談してみましょう。
舞台用のメイク用品を売っているお店でドーランやファンデーションを購入することも可能です。

 

ファンデーションがドレスについてしまわないよう考慮する必要がありますが、結婚式場のスタイリストさんや、ドレスショップの方に確認しておけば、よいアドバイスをしてもらえると思います。

 

▼見せる背中にしたいなら♪背中ニキビ専用ジッテプラス▼

ジッテプラス

>>ジッテプラスの詳細はコチラから確認できます!<<

 

背中ニキビ

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

【結婚式までの背中ニキビ跡対策】関連記事

背中ニキビ

結婚式のだいぶ前から美容皮膚科やエステ、セルフケアを駆使してきたけれど、結婚式を直前に控えても背中ニキビ跡が治らない……。もう時間がないというときは、背中ニキビ跡を治そうとするのではなく、「隠す」ことにシフトすると良いでしょう。そして美しい花嫁姿を来場者の方々に見せられるよう努力するのが得策です。そ...