背中にきび跡の症状や原因や対策

背中にきび跡に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
困った背中にきびの症状の特徴としては以下のようなものがあります。

 

 繰り返し何度も同じ箇所にできる
 なかなか治らない
 色素沈着しやすい
 跡が残りやすい
背中にきびができる原因としては、食生活の乱れによる栄養不足、
運動不足、寝不足、不規則な生活リズム、喫煙、ストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

これらの原因により、肌環境が悪化して乾燥したり皮脂が過剰に分泌されたりすることでにきびができてしまいます。
背中にきび跡が残ってしまう原因としては、洋服による摩擦で刺激を与えてしまうことやスキンケア不足による肌の乾燥などがあります。
そのため、治りが遅くなってしまいメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を起こして厄介な背中にきび跡になってしまいます。

背中ニキビ対策《MENU》
  1. 背中ニキビ種類とそれぞれのケア方法を一挙解説!
  2. 色素沈着を起こしてシミになってしまったニキビ跡
  3. 凹凸したクレーター状の背中ニキビ跡
  4. 赤みや炎症を起こしている背中ニキビ跡
  5. 化膿して白ニキビや黄色ニキビになってしまっている背中ニキビ跡
  6. 背中ニキビ跡をつくらないために気をつけたいこと

背中ニキビ対策アイテムの効果とコストで考えた総合比較表

商品名

Jitte+(ジッテプラス)

ルフィーナ

ジュエルレイン

パルクレールジェル

保湿成分

アクシア-トリプルヒアルロン酸

シロキクラゲ

低分子コラーゲン

スクワラン

ヒアルロン酸

コラーゲン

スクワラン

抗炎症成分

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム

サリチル酸

アラントイン

美白成分

プラセンタ

プラセンタ

アーチチョーク葉エキス

プラセンタ

内容量

60g

1日2回(約1ヶ月分)

60g

1日2回(約1ヶ月分)

60g

1日2回(約1ヶ月分)

40g

(約1ヶ月分)

サポート

×

×

定期縛り

4回

2回

4回

4回

2回目以降

4,980円

送料無料

5,918円

送料無料

5,378円

送料540円

5,378円

送料無料

初回価格

980円

送料無料

★★★★★

2,689円

送料無料

★★★☆☆

2,689円

送料無料

★★★☆☆

5,378円

送料無料

★★☆☆☆

4回継続した場合

15,920円

★★★★★

20,443円

★★★☆☆

20,444円

★★★☆☆

21,512円

★★☆☆☆

返品保証

90日

★★★★☆

120日

★★★★★

60日

★★★☆☆

使用何日後でもOK

★★★★★

一押しポイント

トリプルヒアルロン酸による強力な保湿力

高いコストパフォーマンス

購入後のサポートも充実

★★★★★

ヒアルロン酸をはるかに凌ぐ保湿力のシロキクラゲを配合

乾燥ニキビを撃退

★★★★★

皮膚の柔軟化・ニキビ予防・高保湿で頑固な背中ニキビをケア

★★★★☆

永久返金保証・10秒でニキビが消えるカラーコントロール付き

★★★☆☆

口コミの総評価

良い

★★★★☆

良い

★★★★☆

ふつう

★★★☆☆

ふつう

★★★☆☆

評価

★の取得数

23/25点

20/25点

16/25点

15/25点

詳細情報

ジッテプラス公式サイト

ルフィーナ公式サイト

ジュエルレイン公式サイト

パルクレールジェル公式サイト

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

背中ニキビ種類とそれぞれのケア方法を一挙解説!

多くの女性が悩む背中ニキビ跡
一言で背中ニキビ跡といっても、種類があります。

  • 色素沈着を起こしているもの
  • クレーターのように凹凸ができてしまっているもの
  • 炎症によって赤みがあるもの
  • 毛穴に詰まった皮脂などによる白ニキビ
  • 白ニキビが悪化して化膿した黄ニキビ

背中ニキビ跡をケアするにはその種類を理解して、必要に応じたケアを行うことがとても大切です。
ここからは背中ニキビ跡とケア方法についてわかりやすく解説していきます。

色素沈着を起こしてシミになってしまったニキビ跡

 

背中ニキビは肌の状態などによって色素沈着を起こしてニキビ跡が残ってしまうことがあります。
顔にできるニキビはアクネ菌の繁殖によって悪化することが多いです。

 

しかし背中ニキビはアクネ菌によって悪化することはあまりありません。
背中ニキビは「マラセチア毛包炎」という毛包炎が原因でできてしまうことが多いです。

 

また、ホルモンバランスの乱れによるものや、肌の代謝が十分に行われないことによる毛穴のつまりなども背中ニキビになりやすい原因となります。
特に背中ニキビは自分で確認しにくい場所なので、ケアが遅れてしまい、悪化してしまうということもあります。

 

背中ニキビが悪化すると炎症によってメラニン色素が分泌され、ニキビ跡が残ってしまうことが考えられます。
このようにして色素沈着として背中ニキビ跡が残ってシミのようになってしまう場合があります。

 

肌のターンオーバーのサイクルが正しく行われていれば、古い角質と一緒にメラニン色素も体外に排出されていきます。
しかしターンオーバーのサイクルが乱れていると背中ニキビ跡が残ったままになってしまうのです。

 

こうした色素沈着やシミによる背中ニキビ跡を改善するには、ターンオーバーのサイクルを整えるためのケミカルピーリングやレーザーによるメラニン色素を排出するための治療を行うという方法もあります。

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

凹凸したクレーター状の背中ニキビ跡

 

背中ニキビ跡で、凹凸したクレーターのようになってしまうこともあります。
これは、月のクレーターのように背中の皮膚がデコボコしてしまっている状態の背中ニキビ跡です。

 

クレーターのような背中ニキビができてしまう原因は、肌の奥がニキビによってダメージを受けてしまうことで、コラーゲン層が正常に働かなくなって起こります。
コラーゲンの生成を助けるコスメも存在します。

 

しかしコラーゲンを生成する組織自体が破壊されてしまった場合は、こうしたコスメを使用しても背中ニキビ跡を改善することは難しいです。
クレーターのように凹凸になっている背中ニキビ跡を直すには、やはり色素沈着した背中ニキビ跡同様、ケミカルピーリングやレーザー治療などで肌の代謝機能を高めることが有効です。

 

フォトフェイシャルもクレーターのように凹凸している背中ニキビ跡を改善するのに有効だといわれています。

赤みや炎症を起こしている背中ニキビ跡

 

赤みや炎症を起こしている背中ニキビ跡は、刺激によって起こると考えられます。
背中ニキビを改善しようとコスメでのケアをして過度に肌に刺激を加えてしまい、炎症が悪化してしまった可能性が高いです。

 

ニキビは毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうことで起こります。
赤みのあるニキビであれば、正しいケアをすることで比較的きれいに治りやすいのです。

 

しかし、ニキビ跡が残ってしまっている場合は、早く良くしたいと思うがあまり間違ったケアをしてしまうことも少なくないでしょう。
よいものと思っていても、ケアで肌に負担をかけてしまうとやはり症状を悪化させてしまうことがあります。

 

気になるからといってつい触りすぎてしまったり、いろいろな薬を塗りすぎるなどといったことは避けたほうがよいでしょう。
赤みのある背中ニキビ跡をケアするには、肌のターンオーバーを整えてくれる効果のあるケアアイテムを使用するのがおすすめです。

 

背中ニキビ跡のケアは正しい方法で、定期的なチェックも忘れずに

 

ニキビが跡になっている場合は効果が出るまでに時間がかかります。
しかし、すぐに効果が出ないからといっていろいろなものをコロコロと変えて使うのは肌に負担をかけてしまいます。

 

肌に異常が出なければ、一定期間正しい使い方で継続して使用することで、赤みのある背中ニキビ跡を改善する効果が見込めます。
ちなみに、赤みのある背中ニキビ跡はニキビではなく、マラセチア毛包炎が原因である場合があります

 

この場合は、アクネ菌が原因でないので市販のニキビ用の薬では症状が改善しません
またマラセチア毛包炎の場合、赤みのあるニキビのようにかゆみや痛みといった症状が表れないことあります。

 

赤みがあり、群発してできるものはマラセチア毛包炎かもしれません。
とくに、症状が長引く場合は皮膚科を受診しましょう

 

自分でも定期的に背中をチェックして、ニキビやマラセチア毛包炎ができていないかについても確認するようにしましょう。

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

化膿して白ニキビや黄色ニキビになってしまっている背中ニキビ跡

 

白ニキビは大人ニキビに多いといわれています。
赤ニキビと違い炎症を起こしているものではありません

 

白ニキビは毛穴の中に古い角質や汚れが詰まっていることで起こります。
と間違われることが多いのですが、黄色ニキビは炎症を起こした後、化膿してしまった状態です。

 

白ニキビはまだニキビの初期状態です。
しかし黄色ニキビはかなり悪化してしまった状態だといえます。

 

白ニキビと黄色ニキビはケアの仕方が違うので注意

 

白ニキビの背中ニキビ跡は、化膿しないように適切なケアを行う必要があります。
白ニキビの背中ニキビ跡には刺激の強い洗浄料を使用すると悪化してしまう恐れがあります。

 

そのため、ニキビケア専用の洗浄料などは使用しないほうが無難です。
またスクラブが入っているような、肌に刺激を与えるものも避け、しっかり汚れを落としてうるおいは残してくれるようなものを使用して清潔な状態を保ちましょう。

 

黄色ニキビの背中ニキビ跡は、化膿してしまっている状態ですのでこれ以上悪化しないように自己ケアは避けたほうが無難です。
抗生物質を服用することで治りやすいといわれています

 

黄色ニキビの背中ニキビ跡になっている場合は皮膚科で診察を受け、適切な薬を処方してもらうことをおすすめします。

背中ニキビ跡をつくらないために気をつけたいこと

  • 色素沈着ニキビ
  • シミになっているニキビ
  • クレーターニキビ
  • 赤みニキビ
  • 白ニキビ
  • 黄色ニキビ

このような背中ニキビ跡をつくらないためには、日頃のケアをしっかり行うことが大切です。
背中ニキビができてしまう原因は、汚れや肌のターンオーバーの乱れなどが挙げられます。

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因として、食品添加物の摂取が多いことや、ストレスを受けていることなども挙げられています。
ビタミンをしっかり摂取し、3食をバランスよく摂るよう心がけましょう

 

ストレスを受けやすい環境にある人は、上手にストレスを解消できるように意識してみましょう。
それでも背中ニキビ跡ができてしまった場合は、種類に応じて適切なケアを行い、できるだけ早いうちに治すのが得策です

 

とはいえ間違った自己流ケアで悪化する可能性もあります。
美容外科や皮膚科など、医療の力を借りることも、背中ニキビ跡を早めに改善することにつながります。

 

▼見せる背中にしたいなら♪背中ニキビ専用ジッテプラス▼

ジッテプラス

>>ジッテプラスの詳細はコチラから確認できます!<<

 

>>おすすめの背中ニキビ対策アイテムはコチラから<<

「背中ニキビ(背中にきび跡)の原因と自宅で行える簡単な治し方」関連情報

ニキビケア

『あなたに最適なニキビケア方法|ニキビの原因から対策を徹底解説』
ニキビケアは自分の症状に合った方法で試す必要があります。大人ニキビ・思春期ニキビ・鼻・頬・背中ニキビなどニキビの発生原因により最適な対策方法も異なってきます。あなたができやすいニキビはどれに当てはまりますか?どうして何度も同じニキビができてしまうのか、その原因が分からず間違ったケアをしているかも知れません。症状別のニキビケアを解説していますので参考にしてください!

いちご鼻

『鼻ぶつぶつ(いちご鼻)鼻の毛穴の黒ずみの本当の原因と対策』
ふと鏡を見た時、鼻のぶつぶつに気付いてしまって「今すぐ、なんとかしたい!」と思ったことはありませんか?
鼻の毛穴の黒ずみがとれなくてブツブツしている鼻のことを通称「いちご鼻」といいます。ブツブツが気になるからと隠そうとしてファンデーションなどを厚塗りしてしまうと角栓が詰まりやすくなり悪循環となります。良い解消法を見つけブツブツや黒ずみのないキレイな鼻になりましょう。