背中にきび跡の症状や原因や対策

背中にきび跡に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
困った背中にきびの症状の特徴としては以下のようなものがあります。

 

 繰り返し何度も同じ箇所にできる

 

 なかなか治らない

 

 色素沈着しやすい

 

 跡が残りやすい

 

背中にきびができる原因としては、食生活の乱れによる栄養不足、
運動不足、寝不足、不規則な生活リズム、喫煙、ストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

これらの原因により、肌環境が悪化して乾燥したり皮脂が過剰に分泌されたりすることでにきびができてしまいます。
背中にきび跡が残ってしまう原因としては、洋服による摩擦で刺激を与えてしまうことやスキンケア不足による肌の乾燥などがあります。

 

そのため、治りが遅くなってしまいメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を起こして厄介な背中にきび跡になってしまいます。

背中にきび跡の効果的な対策とは?

背中にきび跡を改善するには、健康的で規則正しい生活習慣を身につけることです。

 

また、ローションやクリームなどできちんと保湿をしてにきびやにきび跡ができにくい
肌環境に整えるということが重要になります。

 

きちんと保湿をすることで角質のバリア機能がアップし、肌細胞の再生スピードが速くなります。

 

にきびができてしまってもターンオーバーが活発であれば背中にきび跡としていつまでも肌に残ってしまうのを防ぐことができます。
無添加で肌にやさしいボディソープを使用したりすることも大切です。

背中にきび跡は種類があり赤みのあるニキビ跡、色素沈着型ニキビ跡、クレーターニキビ跡がある

ニキビ顔などに多くできるイメージもありますが、その他の部位にもできる傾向があります。
一般的には思春期の頃はニキビができやすく、大人になればニキビや肌荒れなども
しにくいといわれています。

 

ですが、仕事なども忙しく不規則な生活をしている方も増えてきています。
ニキビや肌荒れに悩む方もいるでしょう。
背中にもニキビができることもあります。

 

汗をかいてしまったり、また、毛穴が詰まってしまうことでニキビができます。
背中の場合には、服などがニキビにこすれることで、刺激となり悪化しやすく、また治りが悪い傾向もあります。

 

ニキビが治った状態でも、背中にきび跡がのこりやすいのです。
赤みのあるニキビ跡色素沈着型ニキビ跡クレーターニキビ跡などさまざまな種類のニキビ跡が残る場合があります。

背中ニキビ跡を悪化させないためには?

できるだけニキビを悪化させないために対策をすることが大切です。
ニキビを悪化させないためには、自律神経やホルモンバランスなどの安定するように、
生活習慣を安定させていくことが大切です。

 

睡眠不足、不規則な生活などは、自律神経やホルモンバランスを乱すため、
発汗作用や皮脂の分泌量などの増加につながります。

 

これらは、ニキビができる原因の一つになるため、できるだけ乱れを正し、
安定をはかることが重要なポイントといえるでしょう。

 

また、背中を清潔に保つことも悪化を防ぐ対策になります。
汗をかいたらシャワーなどできれいに洗い流すことも大切です。

背中にきび跡や赤みのあるニキビ跡などを治す方法として生活習慣の見直しを

ニキビができやすい方は、生活習慣や食生活などが乱れている傾向があります。
肌環境もあまりよくない傾向にあり、肌荒れしやすくニキビなどもできやすいのです。

 

予防のためにも一度生活習慣などを見直してみることも大切です。
ニキビの場合には、治ってからもニキビ跡が残る場合があります。

 

ニキビが悪化した場合などは、跡がかなり残ってしまいます。
なかなか元の肌に回復しない場合や、クレーター状に跡が残ってしまった場合には、
元の状態に戻らないこともあります。

 

そのためニキビ跡が残らないように、ニキビの悪化を防ぐこともとても重要だといえるでしょう。
特に背中ニキビは治りにくく、悪化することも多いため、背中にきび跡などが残らないようにしましょう。

背中にきび跡や赤みのあるニキビ跡は生活習慣から改善しましょう

背中の汗をこまめに拭き取り、服などであまりニキビに刺激を与えないようにすることも大切です。
赤みのあるニキビ跡の場合には、なかなか肌の状態が元に戻らない場合もあります。

 

そのため代謝機能を高めることも重要です。
治す方法としては、医療機関で適切な治療を受けることも大切です。

 

また、自身の代謝を高めるため、生活習慣を規則正しくなるように心がけましょう。
運動をする習慣などで適度な汗をかき、代謝機能を向上させるようにしていきましょう。

 

食生活などにおいても、栄養バランスの取れた食事をして、肌に栄養が不足しないように日々心がけることもニキビ跡を回復するためには大切です。

背中にきび跡、色素沈着型ニキビ跡を治す方法について

ニキビは、肌の乾燥や睡眠不足、疲労、ストレスなどで引き起こされます。
特にストレスを受けると交感神経が活発になります。

 

そして男性ホルモンが過剰分泌されて皮脂が毛穴に詰まりニキビとなってしまうのです。
毛穴にアクネ菌が繁殖し、最初は白ニキビですが、それが悪化すると赤ニキビとなってしまいます。

 

放っておいたり、ケア方法を間違えたりすると跡が残ってしまう原因にもなります。
それを色素沈着型ニキビと言います。

 

ニキビが肌の奥深く真皮や皮下組織までにダメージを与え、その結果色素が沈着してしまうのです。
特に背中にできるニキビは、気づきにくい、ケアがしにくい部分なので、背中にきび跡色素沈着型ニキビ跡になりやすいのです。

 

そうした色素沈着型ニキビ跡を治す方法はあります。
ニキビ跡が茶色になるのは、メラニンが原因です。

背中にきび跡、色素沈着型ニキビ跡には美白やピーリングの化粧品が効果的

アクネ菌の繁殖に対抗して作られた肌の活性酸素に対して肌を守ろうとメラニンが大量発生します。
メラニンには美白効果のある美容品が良く効きます。

 

メラニンに対して効果のある美容クリームなどを肌ケアに使うことで、色素沈着が薄くなっていきます。
特に有効なのが、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどです。

 

そういった成分が配合されたクリームなどでピンポイントで塗ることで効果が出てきます。
その美容クリームと一緒に使うことで更なる効果を上げるのが、酸性の薬剤を使って古い角質を溶かすピーリング化粧品です。

 

これには肌のターンオーバーを促進することと、美白成分の浸透を助ける働きがあるからです。
こういった作用のあるものを使ってケアしていくことで、ニキビの色素沈着は改善されていきます。

背中にきび跡やクレーターニキビ跡になってしまった時に治す方法

ニキビは早期に治療を行えばニキビ跡になる事はありません。
しかし、背中に出来てしまったニキビは自分ではわかりづらいので気付いた時には悪化していることも多いのです。

 

その結果背中にきび跡などになってしまう事があります。

 

背中以外の部分でも悪化してしまうと、クレーターニキビ跡などになってしまう事もあります。
跡になってからでは自分で治すのには時間が掛かってしまいます。

 

時間が掛かっても自分で治す場合には、ニキビ跡に効果のある化粧品などを利用してみましょう。
確実に背中にきび跡クレーターニキビ跡などを治す方法は、医療機関へ行く事です。

 

医療機関と一言で言っても皮膚科と美容皮膚科があります。
ニキビ跡が酷くなければ、皮膚科でも治療出来ます。

背中にきび跡やクレーターニキビ跡が深刻な場合は美容皮膚科へ

ニキビ跡が酷い場合には美容皮膚科で治療を受けた方が綺麗に治す事が出来ます。
美容皮膚科は、通常の皮膚科とは違い見た目の美容面での治療も行ってくれます。

 

そのため、ニキビ跡をレーザー治療などで綺麗にしてくれます。
ただし、美容皮膚科は自由診療になり費用が高くなります。

 

治療して治っても繰り返しニキビが出来てしまう場合があります。
日常的にも生活習慣の改善やストレスを溜めないようにしてニキビの出来ない体質作りをする事が大切です。

背中にきび跡を治す「ジッテプラス(Jitte+)」使った体験談と効果

高校時代は顔のニキビがひどくて、洗顔をたくさんしたり、食事に気をつけていました。
そのせいか大学生になる頃には、治ってきました。

 

しかし背中にできたニキビはずっと治らず、結局跡になってしまいました。
背中のニキビは自分ではまったく気づいていなくて、家族で一緒に温泉にいった時に、姉から指摘されました。

 

ニキビからはもう解放されたと喜んでいたので、背中にきび跡が残っていたということには
ものすごくショックを受けました。

 

ちょうどその頃、入っているサークルで夏に海に行こうという話が持ち上がっていました。
それまでに、このニキビ跡をなんとか治したいと、真剣に考え始めました。

 

調べてみると、顔のニキビ対策はいろいろ見つかったのですが、背中にきび跡を治す方法というのがなかなか見つかりません。
「やっぱり無理なのかなあ」とあきらめかけていた時に、「ジッテプラス」を見つけました。

ジッテプラスで背中にきび跡が改善!

実際に購入した人の体験談などを読んでみて、これなら大丈夫そうだと思ってジッテプラスを購入しました。
ジェルなので、毎日背中に塗るだけで、とてもラクチンでした。

 

塗った感じも、ひんやりしていてとても気持ちよく、塗ったあともベトベトしません。
すぐに洋服を着ることができるのも良かったです。

 

最低三ヶ月は続けてみようと思い、毎日欠かさずに塗りました。
その結果、一ヵ月後には、少し跡が薄くなってきたと姉にいわれました。

 

すぐに効果が出たのがうれしくて、それからも続けました。
三ヵ月後には、ほぼ跡がわからないくらいにまで治ったので本当にうれしいです。

 

「背中ニキビ(背中にきび跡)の原因と自宅で行える簡単な治し方」関連情報